イギリスYMSぐらし。

英語初心者のイギリスワーホリ記録。渡英前準備、渡英後の生活から、英語学習まで。

最近使っているお洗濯洗剤。イギリスの定番、FAIRYの洗剤&Comfortの柔軟剤が結構いい香り。【YMSイギリス生活編】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

皆さんこんにちは。イギリスYMSぐらしの hina です☺

2017年の9月からYMSビザでイギリスに渡英し、今現在はロンドンで暮らしています。

 

このブログではYMSに関する情報・体験談から、渡英後のイギリスでの生活について情報を発信しています。

 

私自身、30歳直前での初めての長期海外滞在を決め、当時はとても不安でしたが、結果イギリスに来て本当に良かったと日々感じています。

 

私が以前そうであったように、「イギリスYMSや留学にチャレンジしたいけれど不安。情報がほしい」という方のお役に少しでも立てれればと思い、このブログを始めました。

 

今回は渡英後のYMS生活編、「最近使っているお洗濯洗剤。イギリスの定番、FAIRYの洗剤&Comfortの柔軟剤が結構いい香り」をお届けします。

 

というのも以前、お洗濯に関するこんな記事を公開しました。 

 

ukymslog.ukgohan.work

 

この時はFAIRYのジェルボールを使っていたのですが、実は最近洗剤をこのジェルボールから、リキッドの洗剤にチェンジしました!

 

これが結構良い感じなので、今回また洗剤について書くことにしたわけです。

 

 

トラブル色々!プチストレスなイギリスでのお洗濯。

 

以前の記事でも書きましたが、イギリスでのお洗濯は結構私にとってプチストレスです。

 

まず第一に、めっちゃ時間がかかる(2~3時間)!

時間短縮モードのようなものもあるにはあるのですが、いまいち洗剤が流れ切っていない気がして、結局いつも2~3時間かかる通常モードで洗ってしまします。

 

そして第二に、めっちゃ時間かかる割に洗い上がりがいまいち…!

洗濯機にもよるかもしれませんが、今のお家に移ってきてから以前に増して洗剤の泡切れが悪くなったきがします。2~3時間かかってやっと洗い終わった衣類を取り出しても、なんとなく洗剤が残っていてべったりした感触だったり。

 

ということで今回、結構この「洗い上がりいまいち」問題がプチから大きなストレスに育ってきてしまったので、この状況を改善すべく、洗剤を変えてみようと思い立ったわけです!

 

ジェルボール洗剤を使って洗剤が洗い残されてしまう原因を分析

 

分析、というほど大そうなことではないのですが、どうしてこうも洗剤が残ってしまうのか、その原因を自分なりに考えてみることにしました。

 

まず一つ目の原因が、お洗濯の「温度設定」です。

 

イギリスの洗濯機は温度設定が高めです。

 

ロンドンで一番初めに住んだお家では、デフォルト(大家さんが「この温度で洗うのが一番良いよ」と設定していた温度)が50度設定でした。

 

初めはその設定のまま私もお洗濯していたのですが、この温度設定でお洗濯すると、もう本当に色落ちがひどくって。淡いピンク色だった下着が、お洗濯後全部灰色になる事件が起きたりもしました。

 

そんな時、色落ちを防ぐ為に教えた頂いた豆知識が「温度設定を低めにすると色落ちしにくい!」というものでしたので、それ以降は温度設定を30度から40度くらいにしてお洗濯するようになりました。

 

低めの温度設定+下写真左側の、色移りをキャッチしてくれる紙も毎回一緒に入れてお洗濯しています。

 

 

そしてこの、色落ちに対しては効果がある低めの温度設定、これがどうも洗剤の溶け残り、洗い残りの原因になっているようだと考えたわけです。

 

しかも、これがジェルボールだとなおさらです。実際、熱いお湯でならすぐに溶けてくれるのですが、低い温度のお水だとこのジェルボールが溶け残っていることが時折ありました。

 

ジェルボールは計量も不要で、そのままぽーんといれちゃえばOKという手軽さからずっと利用していましたが、この洗剤溶け残り問題を解決するために、ジェルボールから卒業しようと決めたわけです。

 

液体洗剤は、やっぱり肌に優しそうなFAIRYにしました。

 

ということで、さっそく液体(ジェル)洗剤を買ってきました。

 

選んだのは赤ちゃんマークでお肌に優しそうな FAIRY の洗剤(写真左)です。

(使っていたジェルボールと同じですね!)

 

f:id:hinauklog:20190701042030j:plain

 

赤ちゃんマークの Non Bio (酵素が入っていないもの)です。

 

こちらには酵素が入っている Bio 洗剤と、Non Bio 洗剤があるのですが、私はもともと肌荒れしやすいこともあって、なんとなく肌に優しそうなこちらの方を選んで使っています。

 

「Cold Wash(冷たい水) でも優しい洗い上がり!」と謳っていたので、それを信じてこちらを買ってみました。

 

一緒に、同じブランドの柔軟剤(Fabric Softener/写真右)も購入。

 

さて、ジェルボールを卒業し、液体洗剤&柔軟剤にシフトした後の肝心の洗い上がりがどうだったかといいますと…

 

結構良い感じです…!!!

 

まず、洗剤の残りはほぼなくなりました。

自分で洗剤の量を調整できるのも大きいと思います。(気持ち少なめで洗っています)

 

そして、思いもよらず良かったのが、柔軟剤です。

 

柔軟剤を洗剤と別にきちんと入れることで洗い上がりがジェルボールより断然ふわふわに仕上がりました!

 

これまでタオルなんかは結構ゴワゴワに仕上がっていたのですが、「まぁイギリスの洗濯機の力なんてこんなものなんだ。適応しなければ。」と勝手に諦めていました。

 

が!これは洗濯機のせいではなく、柔軟剤をきちんと入れていないせいだったのです!

 

(考えてみればごく当たり前のことですが…!笑)

 

これまでの洗濯物がふわふわに仕上がってくれなかったのは、ジェルボールに入っている柔軟剤が単に不十分だったことが理由だったみたいです。

 

Comfort の柔軟剤の香り。結構おすすめです!

 

柔軟剤のパワーを目の当たりにした私は、ちょっと別の柔軟剤も試したくなっちゃいました。

 

ということで、柔軟剤で有名なブランド、Comfort のちょっとリッチそうなのを買ってみました!

 

COMFORT PERFUME DELUXE LAVISH BLOSSOM FABRIC CONDITIONER です!

 

f:id:hinauklog:20190701042047j:plain

 

香りが売りの様で、3種類あったのですがこちらを買ってみて正解でした。

 

どうやらアロマオイル的なものがブレンドされている様子…!

 

甘すぎないお花の香りで、私は結構好きです!

 

Comfort の HPリンクも貼っておきますので、気になる方は詳細ご覧になってみて下さい☺

 

www.comfortworld.co.uk

 

やっぱり柔軟剤ひとつで結構変わりますね☺

 

今日のまとめ


ということで、今回はジェルボール洗剤を卒業し、液体洗剤と柔軟剤を使い始めました。結構これが良い感じです!というお話でした。

 

大好きな国ですが、ちょこちょここういったところでストレスを感じてしまうイギリス生活。

 

少しでも誰かが快適に暮らせるヒントになるよう、小さなこともこうして記していきたいなと思っています。
 

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

読者登録、ブクマ、はてなスター等いただけましたらとっても喜びます💛

 

ランキングにも参加しています。

こちらもぽちっと応援いただけましたらとっても嬉しいです☺

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう~!