イギリスYMSぐらし。

英語初心者のイギリスワーホリ記録。渡英前準備、渡英後の生活から、英語学習まで。

これまで訪れた博物館の中で一番かも!ミュージアム好きの皆さんにおすすめ。スコティッシュナショナルミュージアム【スコットランド】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

 

皆さんこんにちは。イギリスYMSぐらしの hina です☺

2017年の9月からYMSビザでイギリスに渡英し、今現在はロンドンで暮らしています。

 

このブログではYMSに関する情報・体験談から、渡英後のイギリスでの生活について情報を発信しています。

 

私自身、30歳直前での初めての長期海外滞在を決め、当時はとても不安でしたが、結果イギリスに来て本当に良かったと日々感じています。

 

私が以前そうであったように、「イギリスYMSや留学にチャレンジしたいけれど不安。情報がほしい」という方のお役に少しでも立てれればと思い、このブログを始めました。

 

今回はイギリスでのYMS生活の中で体験した旅の記録!「これまで訪れた博物館の中で一番かも!ミュージアム好きの皆さんにおすすめ。スコティッシュナショナルミュージアム」をお届けしていきます。

 

旅行はツアーじゃなく自分の足で!という信念?のもと、色々な国を旅行しています。英語が不十分でも旅行はできる!ということで、実際の旅の体験談をお届け。どなたかの素敵な旅のヒントになれば嬉しいです。 

 

ロンドンは本当にどこに旅行へ行くにもアクセス抜群!

イギリス滞在中に少しでも多くの国へ行きたいと思っています☺

 

今回は昨年2018年3月に訪れた、エディンバラの旅の記録です。

 

初スコットランド、初エディンバラ、ということで、たくさん楽しんできました!

 

スコットランドには素敵な博物館、美術館がたくさんあります。

 

前回の記事では National Garelly をご紹介しました。

 

ukymslog.ukgohan.work

 

今回は私がこれまでの人生で訪れた中でもかなり上位にランクイン(実際、博物館の中ではナンバー1かも!)するぐらい素敵だった National Museum of Scotland をご紹介していきます。

 

 

内装がとにかく素敵!National Museum of Scotland

 

エディンバラオールドタウンにあるナショナルミュージアムにやって来ました。

 

外観は今感じ。結構大きく、歴史ある感じです!

 

f:id:hinauklog:20180708072040j:plain

 

入場料はこちらも無料。

館内に入り、荷物を£1で預けます。ここではロッカーでなくクラークに預ける方式でした。

 

そして、いよいよ展示スペースに足を踏み入れたのですが……

 

私は一瞬でその目を奪われることになります。

 

そんな館内の様子がこちらです!

 

f:id:hinauklog:20180708072100j:plain

 

白を基調とした明るくて開放的な内装!

自然光が降り注いでいます。すっごくすっごく素敵……!

 

f:id:hinauklog:20180708072116j:plain

 

謎の迫力満点なバルーンの展示がありました!

一階から天井まで届きそう。すごい大きさです。

 

この明るい吹き抜けの空間もとっても素敵なんですが、更に館内の奥に足を踏み入れると、これまた展示の仕方が本当に素敵でした。

 

f:id:hinauklog:20180708072156j:plain

 

 

展示物はもちろん、この空間そのものがなんだかとってもアートな感じです。

 

f:id:hinauklog:20180708072232j:plain

 

もう、この内装が見られただけでも満足ですが、展示物も凝っていて、とっても良かったです☺ お子様はもちろん、大人の私も沢山楽しむことが出来ました。

 

あの有名な羊も!たのしい展示物がいっぱいです。

 

館内はテーマごとに色々な展示コーナーに分かれています☺

 

まず、動物のコーナーがこちら。

 

f:id:hinauklog:20180708072306j:plain

 

吹き抜けの空間を沢山のお魚が泳いでいます。

 

かと思えばその下には恐竜の化石が!

 

天井から吊るされたモニターにも映像が流れています。

 

続いてこちらは飛行機のコーナー。

上から順番に、段々新しい飛行機に変化していっているのが分かります。

 

f:id:hinauklog:20180708072320j:plain

 

f:id:hinauklog:20180804080025j:plain

 

次はこちら、スコットランドに関連する展示物たちです。

 

スコットランド国立博物館の名の通り、スコットランドにまつわる歴史ある展示物がたくさん展示されています。

 

こちらは陶器のお人形。

 

f:id:hinauklog:20180712045646j:plain

 

伝統衣装のキルトを着た男の人や、可愛いわんちゃん。

(スコットランド出身?の犬って可愛い種類が多い気がします!)

 

あと、スコットランドに限らずですが、昔のお金持ちさんが持っていたお化粧道具セットが個人的にとても好きでした。

 

f:id:hinauklog:20180805060315j:plain

 

(鏡に映っている自分がちょっと怖い😞笑)

 

旅先に持ち運びできるようになっている、トランクに収納されているものが特に好きだなと思いました。きらきらで、小さくて、可愛い!

 

f:id:hinauklog:20180805060352j:plain

 

そして、イギリスらしいこんなものもありました!

 

f:id:hinauklog:20180712045425j:plain

 

赤くなる前の元祖テレフォンボックス!

木の素材そのままのこれもとっても素敵です☺

 

続きましてはまたまた動物です。

 

子供たちが遊べる仕掛けがいっぱいの動物コーナーには大きなサイが!

 

f:id:hinauklog:20180805060431j:plain

 

イギリスの博物館って、本当に動物の剥製が沢山展示されています。ロンドンのナショナルヒストリーとか、以前住んでいたブリストルにあるブリストル大学のミュージアムにも。

 

私は動物が好きですが、この剥製の群れ?を目の前にすると、正直いつも少し複雑な気持ちになります。

 

そんな中、ここに一匹、特別な剥製さんがいるという噂を聞きつけました。

 

それがこちら、羊のドリーです。

 

f:id:hinauklog:20180712045439j:plain

 

(くるくるまわっていました)

 

初の哺乳類クローンとして誕生した羊のドリー。スコットランド出身とは、恥ずかしながら今まで全く知りませんでしたし、こうして実際に見ることができるなんて、思ってもみませんでした!

 

イギリスに来てから、これまで教科書上でしか見たことがなかったものを色々実際に見ることができていて、その度になんだか感慨深い気持ちになります。

 

そして、こちらはおまけの大仏さん。

 

f:id:hinauklog:20180805060438j:plain

 

ヨーロッパでアジア関係のものを見ると、つい嬉しくなってしまいますね☺

 

おまけのおまけで(つい嬉しくなっちゃったつながりで)こちらも。

乗り物コーナーに展示されていた、YAMAHAのバイクです。

 

f:id:hinauklog:20180712045538j:plain

 

余談ですが、イギリスにも日本の車は沢山走っています🚙

 

車やバイクのブランドを一つずつ挙げ、「これ全部日本の会社なんだよ」と教えてあげると、外国人の友だちは結構びっくりします。

 

 

お洋服の展示も見ていて楽しかったもののひとつです。

 

昔のドレスから……

 

(ドレスもですが、この幅のものを着て行き来できる大きなお家?お城?の規模がまずすごいですよね。)

 

f:id:hinauklog:20180712045520j:plain

 

今も人気なブランドのものまで!

 

f:id:hinauklog:20180805060228j:plain

 

f:id:hinauklog:20180805063644j:plain

 

色々なお洋服や装飾品が見られて楽しかったです。

 

ということで、とても写真が盛りだくさんになってしまいましたが、National Museum of Scotland の雰囲気を少しでも感じていただけたなら嬉しいです。

 

おまけ。近くのカフェで一休み

 

National Museum of Scotland を満喫した後、すっかり歩き疲れた私たちは近くのカフェで休憩をすることにしました。

 

そのお店がこちら、Patisserie Valerie - Edinburgh George IV Bridge さんです。

 

Patisserie Valerie - Edinburgh George IV Bridge

Address:25 George IV Bridge, Edinburgh EH1 1EN

URL: https://www.patisserie-valerie.co.uk/

 

私はスコーンとラテを、友達はケーキと紅茶を注文しほっと一息つきました☕

 

 

f:id:hinauklog:20180712045605j:plain

 

オールドタウンの中心地からもほど近いナショナルミュージアム。

この記事では載せきれないほど楽しい展示がいっぱいな、とても楽しい博物館です。

 

エディンバラを訪れる際はぜひぜひ、足を運んでみて下さいね☺

 

まとめと観光スポット情報

 

というわけで、今回はエディンバラの National Museum of Scotland(スコットランド国立博物館)ご紹介しました。

 

展示は子供向けの物が多いかもしれませんが、どれも工夫がされた展示で、この空間にいるだけでとっても楽しい気分になれました☺

 

 National Museum of Scotland(スコットランド国立博物館)

Address:Chambers St, Edinburgh EH1 1JF

URL: https://www.nms.ac.uk/national-museum-of-scotland/

 

海外旅行時の現地ツアー予約に便利なベルトラさんでは、エディンバラ城の入場券付きのロンドン発のツアーが出ていました。

 

f:id:hinauklog:20190730041946p:plain

引用元:https://www.veltra.com/jp/europe/uk/london/a/107395

 

エジンバラ城入場つき!自由に巡るスコットランドの首都エジンバラ日帰り観光ツアー<ロンドン発>

 

ロンドン発の日帰りツアーで、行き帰りの列車とエディンバラ城の入場券付き。 乗り降り自由のバスでエディンバラ市内を自由に観光できるという、自由度の高いツアーの様です。

 

エディンバラ城についてはこちらの記事でもご紹介しています。

ukymslog.ukgohan.work

 

私のようにがっちりしたツアーが苦手な方には、ベルトラさんの現地ツアーがとってもお勧めです。ぜひチェックしてみてくださいね☺

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

読者登録、ブクマ、はてなスター等いただけましたらとっても喜びます💛

 

ランキングにも参加しています。

こちらもぽちっと応援いただけましたらとっても嬉しいです☺

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう~!