イギリスYMSぐらし。

英語初心者のイギリスワーホリ記録。渡英前準備、渡英後の生活から、英語学習まで。

パリと芸術が好きな方へ。パリのおすすめ観光地・王道!ルーブル美術館その1【フランス/パリ旅行】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

皆さんこんにちは。イギリスYMSぐらしの hina です☺

2017年の9月からYMSビザでイギリスに渡英し、今現在はロンドンで暮らしています。

 

このブログではYMSに関する情報・体験談から、渡英後のイギリスでの生活について情報を発信しています。

 

私自身、30歳直前での初めての長期海外滞在を決め、当時はとても不安でしたが、結果イギリスに来て本当に良かったと日々感じています。

 

私が以前そうであったように、「イギリスYMSや留学にチャレンジしたいけれど不安。情報がほしい」という方のお役に少しでも立てれればと思い、このブログを始めました。

 

今回はイギリスでのYMS生活の中で体験した旅の記録!「パリと芸術が好きな方へ。パリのおすすめ観光地・王道!ルーブル美術館その1」をお届けしていきます。

 

旅行はツアーじゃなく自分の足で!という信念?のもと、色々な国を旅行しています。英語が不十分でも旅行はできる!ということで、実際の旅の体験談をお届け。どなたかの素敵な旅のヒントになれば嬉しいです。 

 

ロンドンは本当にどこに旅行へ行くにもアクセス抜群!

イギリス滞在中に少しでも多くの国へ行きたいと思っています☺

 

今回は昨年2018年2月に訪れた、フランスはパリの記録です。

これが初めてのパリだったので、パリと言えばまさに!な王道どころをまわりました。ということで今回は、パリのおすすめ観光地・王道!ルーヴル美術館編です。

 

 

教科書で見た美術品がたくさん!憧れのルーヴル美術館

 

この日は本当に良く晴れた日でした。

我ながら晴れ女です☺

 

滞在先のホテルから、地下鉄で最寄り駅(Palais Royal Musée du Louvre/パレロワイヤル・ルーブル美術館駅)まで行きました。

 

地下から地上にでると……まさに目の前にありました!これがあのルーヴル美術館です!

 

f:id:hinauklog:20180220092842j:plain

 

よく写真で見るシンボルのピラミッド?も青空の下とっても綺麗です。

 

f:id:hinauklog:20180220092805j:plain

 

f:id:hinauklog:20180220092913j:plain

 

9時開館で、私たちが到着したのは8時50分頃。混雑するという前情報だったので、頑張って早起きしました。

 

到着した時、ピラミッド前にはすでに長い列ができていました。私たちはまだチケットを購入しておらず、持っていなかったので、チケットを持っていない人用の列に並びます。(without tickets と表示がありました)

 

そもそも、ここが入り口とは知らなかったです…!

 

f:id:hinauklog:20180220092815j:plain

 

実際に行ってみるまで仕組みがよく分からなかったのですが、開館後、まずこの入り口でセキュリティチェックがあります。

 

荷物は飛行機に乗るときと同じような機械の中へ、上着も「前を開けて!」と言われ、コートの前を開けた状態でセキュリティゲートをくぐります。

 

その後エスカレーターで地下へ降りるとチケット売り場がありました。

自動券売機があったので、特に並ばずすぐに購入することができました。

 

この時、オーディオガイドを希望する場合は忘れずオーディオガイドの分のチケットも購入します!

 

ロッカーに要らない荷物を預け(無料)、建物内にあるカフェでクロワッサンを買って腹ごしらえ。そして遂に入館です!

 

ちなみに入り口で受け取ったオーディオガイドがこちら。

 

f:id:hinauklog:20180220092948j:plain

 

 

任天堂さん!!!!

こんなところでも日本企業が活躍しているのは嬉しいですね✨

 

この3DS、作品紹介はもちろん、観たい作品までの道順を教えてくれたりします。我々時間のない観光客は効率よく観たい作品をまわらなければならないので、これはめちゃくちゃ便利でした!

 

ちなみにこのオーディオガイド、借りる際にID(パスポート)が人質に取られます。3DSですもんね……。もちろん返却時にパスポートは無事戻ってきますので、ご安心くださいね(笑)

 

さてさて。

 

早速私たちは「モナリザ」までの道順を3DSに案内してもらうことにしました。

 

道中では、オランダはデルフトの立派な陶器を発見。

 

f:id:hinauklog:20180220093047j:plain

 

小さなものでもそれなりのお値段がするデルフトブルーです。これはめっちゃ高いんだろうなぁ。

 

忘れずに見て欲しい!天井装飾がすごい!

 

モナリザへと向かう道中ですが、展示物はもちろんのこと、ぜひ見ていただきたいのがその天井装飾です。

 

色々な国の美術館や博物館に足を運びましたが、やっぱり天下のルーヴルは天井の絵画や装飾がとってもとっても綺麗です…!

 

ぜひ!天井にも注目しなが歩いてみられることをお勧めします。 

 

f:id:hinauklog:20180220093101j:plain

 

f:id:hinauklog:20180220093153j:plain

 

f:id:hinauklog:20180222072034j:plain

 

f:id:hinauklog:20180222071652j:plain

 

おまけ:床のタイル装飾も本当に素敵でした。

 

f:id:hinauklog:20180222072212j:plain

 

訪れたなら絶対に外せない!有名絵画たち。

 

ということで、途中様々な美しい装飾、作品に足をとめながらも、無事3DSの案内によりモナリザさんのところまでたどり着くことができました!!

 

2月中旬のオフシーズン、朝一の来訪ということもあり、比較的人は少なかったんだろうと思います。

 

ゆっくりと鑑賞することができました。

 

f:id:hinauklog:20180220093337j:plain

 

本当に、右から見ても左から見ても目が合うように感じました。

 

計算されて描かれた彼女、実物はとってもとっても可愛かったです!

 

有名絵画の続いてはこちら、皇帝ナポレオン1世と皇后ジョゼフィーヌの戴冠です。

 

f:id:hinauklog:20180222071146j:plain

 

とっても大きな綺麗な絵画でした。

 

ガイドを聞きながら見ると、絵画にまつわるお話が知れてとても楽しかったです。 

 

そして続いてがこちら、フェルメールのレースを編む女

 

f:id:hinauklog:20180222071213j:plain

 

思ったよりも小さな絵でした。

 

有名なフェルメールの絵画とその作風をガイド知れて楽しかったです。

 

ということで、お目当ての有名絵画たちを無事見終えることができましたが、まだまだルーブルには見どころいっぱい!

 

ルーブル見学の記録。続きは次回の記事でご紹介していきます☺

 

 

まとめと観光スポット情報

 

というわけで、今回は「パリのおすすめ観光地・王道!ルーブル美術館その1」をお送りしました。

 

今回は入場から美しい天井装飾、モナリザ等の有名絵画までをご紹介しましたが、次回はいよいよ美しい有名彫刻作品たちをご紹介していきたいと思います!

 

Musée du Louvre (ルーヴル美術館)

Address: Rue de Rivoli, 75001 Paris, France

Tel: +33 1 40 20 50 50

URL: https://www.louvre.fr/

 

少しでも旅の参考になりましたでしょうか?

 

それでは今日はこの辺で。

本日も最後までお読みいただきありがとうございました☺

 

読者登録、ブクマ、はてなスター等いただけましたらとっても喜びます💛

 

ランキングにも参加しています。

こちらもぽちっと応援いただけましたらとっても嬉しいです☺

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう~!