イギリスYMSぐらし。

英語初心者のイギリスワーホリ記録。渡英前準備、渡英後の生活から、英語学習まで。

【YMS渡英後To Do】イギリスワーホリでのお仕事(アルバイト )の探し方【CV持ち込み、面接、採用編】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

 

皆さんこんにちは。イギリスYMSぐらしの hina です☺

2017年の9月からYMSビザでイギリスに渡英し、今現在はロンドンで暮らしています。

 

このブログではYMSに関する情報・体験談から、渡英後のイギリスでの生活について情報を発信しています。

 

私自身、30歳直前での初めての長期海外滞在を決め、当時はとても不安でしたが、結果イギリスに来て本当に良かったと日々感じています。

 

私が以前そうであったように、「イギリスYMSや留学にチャレンジしたいけれど不安。情報がほしい」という方のお役に少しでも立てれればと思い、このブログを始めました。

 

f:id:hinauklog:20190223074334j:plain

 

今回の記事はYMS渡英後(前でも可!)To Do、「イギリスワーホリでのお仕事(アルバイト )の探し方【CV持ち込み、面接、採用編】」をお届けします。

 
私が実際にイギリスに来て経験したお仕事の探し方。これから渡英される方の参考になれば幸いです。
 

CV作成については前回の記事でまとめているのでこちらをご覧ください。

 

ukymslog.hatenablog.com

 

今回はCVが完成した後の流れの、アルバイト編をお届けしていきます。

 

 

アルバイト編 採用までの流れ

 

以前の記事でも示しましたが、アルバイトのお仕事を得るまでの流れは、こんな感じでした。 

 

1、CV作成
2、CV持ち込み
3、面接
4、トライアル
5、採用

 

前回はCV作成まででしたので、今回はCV持ち込み以降について書いていきます。

 

CV持ち込み

 

アルバイトの場合、大きなチェーン店やショッピングモールに入っているお店等、インターネットから応募ができるお店が多くあります。CVを店頭持参しても、「インターネットから申し込んでね」と言われることもあります。

 

その一方で、ローカルなお店はCV持ち込みが基本かなと思います。実際、街を歩いてみるとお店の窓に「スタッフ募集!」「CV持ち込み歓迎!」といった張り紙がよく貼ってあります。そういったお店の場合は明らかに人が足りていないので、採用の可能性も高くなると思います。

 

私がブリストルでアルバイトのお仕事を探していた時も、学校帰りに勇気を出してジャパニーズレストランに突入しました。張り紙はなかったんですけどね(笑)

 

ジャパニーズレストラン、通称ジャパレスは、日本人もしくは日本語が話せる方がいる可能性も比較的高いかなと思いますが、一応初めは英語で切り出しました。

 

Hello, I'm looking for a job. Can I speak to a manager?

 

私の場合、あいにくこの日マネージャーの方は不在だったのですが、代わりにフロントを仕切っている日本人の方が対応してくださいました。当時、今よりも英語が話せなかった私は、その方が日本人と分かるや否や、日本語で対応してくれたこともあってとってもほっとしたのを今でも覚えています☺

 

因みにこの時、この段階では、「今はフロントのスタッフは足りているので、また空きが出る様ならご連絡しますね。あ、CVもお預かりしておきますね」とのことだったので、CVだけお渡し、大人しく退散しました。

 

イギリスで1年以上生活している今なら、もっと気軽にCV持ち込みもできるだろうと思いますが、当時はまだ渡英して3,4カ月の卵の殻を被ったひよこちゃん状態でしたので、本当に本当に緊張しました。

 

初めてのワーホリの方は、きっと同じようにすごく緊張するかと思いますが、このブログで少しでも予習していただけたらなと思います。頑張ってくださいね☺

 

面接

 

次は面接です。ここでも私の経験をお話させていただきます。

 

ジャパレスにCVを預けたその数日後、見覚えのないアドレスからメールが届きました。開いてみると、先日CVを渡したレストランからだということがわかりました。

 

「先日はありがとうございました。実は今、キッチンで人が欲しいみたいなんですが、興味があれば面接いかがですか?」 とのこと。

 

CVはフロントのお仕事希望の内容で作っていたのですが(今思えば英語も全然話せないのにチャレンジャーでした笑)、この時は本当に語学学校も卒業し、お仕事を見つけなきゃと焦っていた時なので、「ぜひよろしくお願いします!」とお返事しました。

 

そして、そのまま面接日が決まりました。

 

CV持ち込みの際はたまたま日本人の方が対応してくれたものの、面接はマネージャーがするとのことだったので、「これは絶対英語に違いない……」と冷や汗をかきながら、いろいろお家で練習をしてから臨みました。

 

……が!

 

なんとマネージャーの方も日本語が話せるとのことで、無事日本語で面接していただくことができました(笑)

 

内容はとてもカジュアルかつ簡単なものでした。

 

・今までレストランで働いた経験はありますか?

・お料理は好きですか?

・週何時間くらい働きたいですか?

 

……ぐらいだったと思います。非常にあっさりしていました。

 

「じゃあとりあえずトライアルに来てください」

 

とのことで、面接は早々に終了!

 

早速数日後からトライアルが始まることになりました。

 

トライアル&採用

 

ということで、ここからはトライアル、そして採用です。 

 

指定された日にレストランへ行き、トライアルが始まりました。

トライアルといっても、もう普通にアルバイトです。なんと初日から10時間勤務でした(笑)

 

私の場合はトライアルの時間の分も普通にお給料がもらえたのですが、別のレストランで働いているクラスメイト場合、トライアル期間お給料無しとのことでした。

 

トライアルをしましょう、となった場合はお給料が出るのか出ないのか、あらかじめ確認しておいた方が後々トラブルもないと思います。私も、お給料なしでもし初日から10時間も拘束されてしまっていたら、そのレストランでは働かなかったと思います。

 

さてさて、トライアルでは普通にキッチンのお仕事をしました。お味噌汁を作ったり、カレーを作ったり、チキンの照り焼きをつくったり。

 

計2日間のトライアルを終え、次の週からは普通にシフトに組み込まれました。お給料もこのくらいでいい?(£8/Hでした)とマネージャーから提示され、了承しました。

 

私の場合、面接こそ日本語で良かったものの、ジャパレスでのアルバイトはレシピや覚えないといけないことはもちろん、同じくキッチンで働いている同僚の皆とは英語で話さなければならなかったので、語学学校の英語とはわけが違うネイティブたちの英語に心をばきばきにおられました。

 

本当に、簡単な単語ですら何を言ってるか分からなくって。でも、本当に皆優しくて、結果短い間にはなってしまいましたが、楽しくお仕事させていただけました。

 

アルバイトの経験をさせていただくことができて、結果的にはとても良かったなぁと思っています☺

 

まとめとアルバイトをした感想

 

CV持ち込みから面接、トライアル、採用までの流れは以上になります。

 

一生懸命作ったCVを持って、勇気をだしてレストランへ突入してみてくださいね。

お勧めは、ランチとディナーの間ぐらいの時間帯です。(レストランも落ち着いている時間なので)

 

面接の後はトライアルを経て、採用という流れになります。

英語に自信がなくても、お給料のところはトラブルにならないようしっかり確認してくださいね☺

 

さてさて。

 

この後、私はフルタイムのお仕事を見つけ、ロンドンへお引越しするのですが、正直、ジャパレスでのアルバイトを続けるか、ロンドンでオフィスワークをするかで迷った時期もありました。

 

ロンドンの事情はあまり分かりませんが、地方(ブリストル)のレストランは働いている人もネイティブが多く、使う英語や単語は限られるかもしれませんが、働いている間はとっても英語環境でした。日本語を話せる方もいるので何かあったときも心強いですし、英語力がひよこちゃんレベルであった当時の、初めてのアルバイト先がジャパレスで本当に良かったなと思っています。

 

ということで、今回はYMS渡英後(前でも可!)To do編、「イギリスワーホリでのお仕事(アルバイト )の探し方【CV持ち込み、面接、採用編】」をお届けいたしました。

 

いかがでしたでしょうか?

近々「フルタイム編」もお届けいたしますので、もう少しお待ちくださいね。

  

読者登録、ブクマ、はてなスター等いただけましたらとっても喜びます。

 

ランキングにも参加しています。

こちらもぽちっと応援いただけましたらとっても喜びます。

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ

 

それではまた次回の記事でお会いしましょう☺